サイトマップ ホテルの楽しみ方 お客様の声 会社案内
旅の提案 海外ウエディング ヨーロッパの散策 リンク
モデルプラン 国別基本情報 クルーズ お問合・申込
TOP>>国別基本情報



国別基本情報
スペイン旅行の基礎知識 ポルトガル旅行の基礎知識
イタリア旅行の基礎知識 フランス旅行の基礎知識

ポルトガル旅行の基礎知識

ポルトガル
正式国名 ポルトガル共和国
面積 約9万1985平方キロメートル(日本の約4分の1)
首都 リスボン Lisboa
人口 1056万人
言語 主にポルトガル語
通貨 €/ユーロ
【為替レートと物価】
1ユーロ=約125円(2017年5月現在)
タクシー初乗り1.0ユーロ位
地下鉄の切符 0.80ユーロ位
税金 ほとんどの商品にIVAといわれる税金15%もしくは21%がかかっている。
一回の買い物で€60.35以上、かつその商品を未使用でEU圏外へ持ち出すことを条件に最大12%(税額から手数料を引いた)の金額が戻ってくる。
時差 9時間 ただし夏時間の間は8時間
宗教 カトリック(97%)
祝祭日 1月1日 新年
2月25日 ※謝肉祭
4月10日 ※聖金曜日
4月12日 自由記念日
5月1日 メーデー
6月10日 ポルトガルの日
6月11日 ※聖体祭り
6月13日 聖アントニオ祭(リスボンのみ)
6月24日 聖ジョアン祭(ポルトのみ)
8月15日 聖母被昇天祭
10月5日 共和制樹立記念日
11月1日 万聖節
12月1日 独立回復記念日
12月8日 聖母懐胎祭
12月25日 クリスマス
キリスト教に関する祝日が多い。年によって異なる移動祝祭日(※印)に注意
電圧・プラグ 220ボルト、交流50サイクル。プラグは主にCタイプ。
プラグ
電話のかけ方
国際電話会社の番号(※1) + 010(国際電話識別番号) + 相手国番号(「ポルトガル」は「351」)+ 相手先の番号(市外局番の最初の0はとる)

(※1)国際電話会社の電話番号

001(KDDI)、0033(NTTコミュニケーションズ)、0061(ソフトバンクテレコム)

気 候  天気・気温・日の出/日の入り

ポルトガルは1年を通して温暖で、冬も寒くなく夏も比較的涼しい所です。
一般的に6月から9月までが乾季。昼間は暑くても朝晩は急に気温が下がる事もあるので、カーディガンなど羽織るものがあるといいと思います。秋から春にかけては雨が多く天気が不安定です。
 
主要都市の平均気温 最高/最低(気温℃)
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
リスボン 14.0/8.0 15.0/8.0 18.0/10.0 20.0/11.0 22.0/13.0 25.0/16.0 28.0/17.0 28.0/17.0 26.0/17.0 23.0/14.0 18.0/11.0 15.0/8.0
ファロ 15.0/9.0 16.0/9.0 18.0/11.0 20.0/12.0 23.0/14.0 26.0/14.0 29.0/19.0 29.0/19.0 26.0/18.0 23.0/16.0 19.0/12.0 16.0/9.0
フンシャル 19.0/13.0 18.0/13.0 19.0/15.0 21.0/16.0 22.0/17.0 24.0/19.0 24.0/19.0 24.0/19.0 24.0/19.0 23.0/18.0 22.0/16.0 14.0/8.0
ポルト 14.0/7.0 15.0/7.0 17.0/9.0 18.0/9.0 19.0/12.0 22.0/14.0 24.0/15.0 24.0/15.0 23.0/14.0 20.0/12.0 17.0/10.0 14.0/8.0
リスボンの日の出・日の入り時刻(毎月1日の時刻)
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日の出 07:55 07:42 07:09 06:21 05:39 05:13 05:15 05:38 06:05 06:32 07:03 07:36
日の入り 17:26 17:58 18:29 19:00 19:29 19:56 20:05 19:47 19:07 18:19 17:36 17:15
安全情報

比較的治安がよいとされているポルトガルですが、最近はリスボン、ポルトなどの大都市を中心にスリ、置き引き、ひったくりといった犯罪が増加傾向にあります。なお、ポルトガルでは常時身分を証明するもの(パスポート)の携帯が義務付けられています。携帯していない場合警察に連行される場合もあるので注意。貴重品等はなるべく肌身に付けて所持するなど、盗まれないように十分注意しましょう。

・ 置き引き : 駅、空港、ホテルロビーやレストラン等で、他のことに気を取られているすきに足元の荷物を持ち去る
【対策】 荷物は手で持ったり、床に置くときも足に絡めて体から離さず、必ず目の届くところに置くこと。

・ひったくり : 交差点や細い道で後からバイクの2人乗りが近寄ってきてバッグをひったくる。
【対策】バッグは車道と逆側に持つこと。斜め掛けのショルダーバッグの上に上着を羽織るなどしましょう。

・スリ : 混み合っている地下鉄や、観光客の多い教会や観光スポットなどで見学に夢中になっている隙にバッグからお財布を抜き取る。
【対策】 開けられにくい、ふたのしっかりしたバッグを身につける。お財布はバッグの下のほうにしまう。 腹巻タイプの貴重品入れも有効です。

チップ・バナー

 ポルトガルではチップは義務ではありませんし、レストランなどではサービス料として既に料金に含まれている事も多いです。サービスに満足したときの心付けとして渡す程度で結構です。払い過ぎない様に注意してください。

レストラン:店の格にもよりますが、一般には料金の5~10%くらい。庶民的な店ではおつりの小銭程度で充分です。カフェでコーヒーやビールだけなら不要です。

ホテル:ベルボーイやルームサービスに対し、1回につき€1程度。

タクシー:キリのいい金額に切り上げて支払う。

ポルトガルのマナーで気をつけたいのは、禁煙。2008年からポルトガルでも他の国の様に「禁煙法」が施行されました。そのため屋内のほとんどの公共の施設が禁煙になっていてレストランやカフェも例外ではありません。また、教会には、タンクトップや短パンなど、肌を露出した服を着ない、食事のときは音をたてないようにする、お皿は持ち上げないというのも、日本人をしては気をつけたいところです。

ポルトガルのワイン

○ポートワイン

ポートワインはポルトガル北部ポルト港から出荷される特産の酒精強化ワインの事で、日本の酒税法上では甘味果実酒に分類され、ポルト・ワインとも呼びます。 ポートワインは、まだ糖分が残っている発酵途中にアルコール度数77度のブランデーを加えて酵母の働きを止めるのが特徴で、この製法により独特の甘みとコクが生まれます。 赤と白があり、一般に白は「食前酒(アペリティフ)」としておつまみなどと一緒に、赤は「食後酒」としてチョコレートや葉巻などと一緒に飲まれています。 ・ヴィーニョ・ヴェルデ ヴィーニョ・ヴェルデとはポルトガル語で緑のワイン。若々しいワインを意味したもので、完熟一週間前に収穫されたぶどうを使用し、アルコール度数も低めの微発泡ワインです。フレッシュなさわやかさが特徴で、8度から10度ぐらいに冷やして飲むのがお勧めです。オリーブオイルを使った料理、魚介類にぴったりで、日本の料理にも合わせやすいです。最近ではメディアでも紹介され、女性にも大変人気です。夏バテに効果があります。

○ヴィーニョ・ヴェルデ

ヴィーニョ・ヴェルデとはポルトガル語で緑のワイン。若々しいワインを意味したもので、完熟一週間前に収穫されたぶどうを使用し、アルコール度数も低めの微発泡ワインです。フレッシュなさわやかさが特徴で、8度から10度ぐらいに冷やして飲むのがお勧めです。オリーブオイルを使った料理、魚介類にぴったりで、日本の料理にも合わせやすいです。最近ではメディアでも紹介され、女性にも大変人気です。夏バテに効果があります。

地方のワインと代表料理
地方 ワイン 代表料理
DOURO Vinho do potro ポートワインのふるさと。良質のワインを産出する地域として評価されています。伝説のワインバカル・ヴェーリャもこの土地で作られています。 素朴な製法のスパイシーなソーセージ、ハムの燻製、豆のシチュー、羊のチーズ、ポルトの贓物料理
DAO 有名なのは品評会で金賞を受賞した、エピソードと呼ばれるワイン。このワインは世界的にも知名度があります。やや重めの傾向があります。 ソーセージやチーズなどの加工品、炭火で焼いた羊
BAIRRADA バカと呼ばれる小粒で濃厚なブドウ品種をしようしたワインが有名。また、ポルトガル建国から変わらない古典的な製法で作られるワインも大変人気です。 レイタォン(子豚の丸焼き)
ALENTEJO 生産量は多くないが、優良なブドウで作られる個性的なワインは高く評価され、通好みのワインとされています。 ウサギや仔羊、ラムのシチュー
MEDEIRA シェリー、ポートと並び世界3大酒精強化ワイン。食前酒、食後酒として飲むのが一般的で、最高の料理酒としても知られています。 メカジキ、マグロのステーキ、エスぺタダス(ローレルのバーベキュー)
TERRAS DO SADO 良質のワインが産出されることで有名で程よい腰がある。モスカテル・セトゥーバルと呼ばれる白ワインが有名です。(モスカテルとはマスカットの事) シーフード(中でも牡蠣)
民族音楽

○ファド

 ファドとはポルトガルの民族音楽の事です。フランスにシャンソン。スペインにフラメンコ。イタリアにカンツォーネがあるように、ポルトガルにはファドがあります。他の国の大衆音楽に比べて日本ではまだまだ知名度が少ないです。ファドは主に人生の叙情、哀愁を歌う音楽で、ギターラと呼ばれる独特なギター、ポルトガルギターを伴奏に、ポルトガルの首都リスボンの港の酒場で歌われています。(基本的にはリスボンのファドが有名ですが、ポルトガルのコインブラにも種類の異なるファドが存在します)男性よりも女性の歌い手が多いとされ、シャンソンのような男女の愛の歌よりも、人生の悲しみ、哲学、叙情を歌詞にしたものが多く、他の南欧音楽には無い独特な影を持っています。

ポルトガルのサッカー

サッカーの有名なヨーロッパですが、ポルトガルもスポーツといえばサッカーです。欧州選手権や、ワールドカップではイタリア、フランス、スペインと並び毎年優勝候補にあげられています。世界的に活躍する選手も数多く輩出しており、将来のスター選手を見る絶好のチャンスです。国内のリーグはスーペルリーガと呼ばれており、人気チームはポルトに本拠地を置く「FCポルト」、リスボンに本拠地を置く「スポルティング・リスボン」、「ベンフィカ」の3チーム。中でも03-04シーズンには「FCポルト」がUEFAチャンピオンズリーグで優勝し、欧州1のクラブチームになっています。試合は主に日曜日の午後(内数試合は土曜日の夜など)に行われます。同じ町をホームとする試合はダービー(イタリア語ではデルビー)と呼ばれ、非常に熱線となり、町中が熱くなります。

簡単会話講座

 OLA!は時間を問わず簡単に使える挨拶です。

あいさつ
こんにちは BOA TARDE
おはよう BOM DIA
こんばんは BOA NOITE
ありがとう OBRIGADO

基本会話
けっこうです NAO OBRIGADO
~お願いします FAZ FAVOR
いくらですか? QUANTO CUSTA?
お会計お願いします A COMTA FAZ FAVOR



旅コンシェル
TEL 03-3525-8380
FAX 03-3525-8383
europe-concier@gaea.ocn.ne.jp
info@big-tour.com